応用行動分析と二つの条件付け


応用行動分析 - Applied Behavior Analysis(ABA)

応用行動分析とは、
理論的及び実験的行動分析(ヒトを含めた動物等の行動を分析する心理学の分野のひとつ)を
現実社会へ適用・応用する分野です。


ラファズキッチンでは、
この行動分析の基本的な理論である古典的条件付けとオペラント条件付けを
犬のトレーニング及びしつけに適用・応用します。


二つの条件付け


古典的条件付けとオペラント条件付けには、
「条件付け」という文字列が共通にあります。
そこで、先ず、条件付けとはですが、
ある事物や出来事と、それとは別のある事物や出来事を、ある条件下で、関連付けて学習する/させることです。


古典的条件付けとは、行動する前(反応が起こる前)あるいは同時に関連付けて学習することあり、
オペラント条件付けとは、行動した後に関連付けて学習することです。
また、自発的に行動するのがオペラント条件付けであり、自発的ではなく反射的に行動・反応するのが古典的条件付けの特徴です。


古典的条件付け


古典的条件付け(Classical conditioning)は、
レスポンデント条件付け(Respondent conditioning)、
あるいは、パブロフ型条件付け(Pavlovian conditioning)とも呼ばれます。


無条件反射(動物が先天的・生得的に持っている反応)を起こさない刺激である中性刺激を与えた直後に、無条件刺激(無条件反射を起こす刺激)を与えることを繰り返すと、中性刺激だけで無条件反射が起こるようになります。
このような条件付けを「古典的条件付け」といいます。


例:
毎回、白衣を着た人(中性刺激)が、エサ(無条件刺激)をあげる。
よだれが出る。
白衣を着た人(中性刺激)を見るだけでよだれが出るようになる。


古典的条件付けは不快を快にシフト(感情を変化)させる時に有効です。
インターホンが鳴る→嫌なこと(誰かテリトリー内に侵入してくる)→吠える
インターホンが鳴る→おやつをあげる(快なこと)
インターホンの音が嫌から快にシフトされる
吠えることが減少
誰かテリトリー内に侵入してくる→おやつをあげてもらう(快なこと)
吠えることが減少


(吠えたりする)行動にフォーカスしないで、感情を変化させることにフォーカスする。
恐怖を感じている場合等はそれを上回る刺激(美味しいおやつ)を提示し、感情を変化させる。


オペラント条件付け


ある環境に対して、行動を起こし、それによって
“快” が出現した場合、あるいは “不快” が消失した場合、
その行動は繰り返される可能性が高くなり、


(ある環境に対して、行動を起こし、それによって)
“不快” が出現した場合、あるいは “快” が消失した場合、
その行動は繰り返される可能性が低くなる。


 快 ⇔ 不快
好子(こうし) ⇔ 嫌子(けんし)
強化刺激 ⇔ 嫌悪刺激
賞 ⇔ 罰
ごほうび ⇔ おしおき
アメ ⇔ ムチ


好子(こうし)・嫌子(けんし)の出現・消失と行動随伴性の基本4種類


「ある環境 → 行動 → 変化した環境(快不快の出現と消失という結果)」という一連の流れを行動随伴性と呼び、
快(好子)と不快(嫌子)という2種類の刺激の出現と消失によって以下の4種類に分けられます。


01. 正の強化(行動直後の好子出現による行動の強化)
– Positive Reinforcement(+R)
02. 正の弱化(行動直後の嫌子出現による行動の弱化)
– Positive Punishment(+P)
03. 負の強化(行動直後の嫌子消失による行動の強化)
– Negative Reinforcement(-R)
04. 負の弱化(行動直後の好子消失による行動の弱化)
– Negative Punishment(-P)


*ラファズキッチンでは、
Positiveを陽性ではなく「正」、
Negativeを陰性ではなく「負」、
Reinforcementを「強化」、
Punishmentを罰ではなく「弱化」と訳すこととします。


好子と嫌子
行動の自発頻度を増加させる刺激を好子、減少させる刺激を嫌子と呼びます。


正と負

正とは、行動の前に無かったものが、行動直後に出現すること。
ご褒美をもらっていない→おすわりして待っている→ご褒美がもらえる
叱られていない → 吠える → 叱られている


負とは、行動の前に有ったものが、行動直後に消失すること。
ボール投げをしてもらっている → 興奮して噛む → ボール投げをしてもらっていない

強化と弱化

行動の自発頻度が
増加することを行動の「強化 – Reinforcement」と呼び、
減少することを行動の「弱化 – Punishment」と呼ぶ。


褒めていたとしても、犬側がそれを好子と認識しないで、
行動の自発頻度が減少しているのであれば、それは「弱化」であり、
叱っていたとしても、犬側がそれを嫌子と認識しないで、
行動の自発頻度が増加しているのであれば、それは「強化」になる。


○○ちゃんだめだよ~とか高い声で「叱る」とか。
こら~といいながら追いかけまわるとか。


また、褒めることや叱ることにより、結果として行動が強化や弱化されるのであって、
「褒める=強化」「叱る=弱化(罰/Punishment)」ではない。


行動随伴性の基本4種類の具体例

01. 正の強化(行動直後の好子出現による行動の強化)
– Positive Reinforcement(+R)

行動の前に無かったものが、行動直後に出現し、その行動の自発頻度が増加する(↑)こと。

例01-a: おすわり
おやつがない(行動前の環境)→ 座る(行動)→おやつがもらえる(好子の出現)→おすわりをするという行動が増加。
おやつをもらえるという出来事が行動直後に出現しているので正、
おすわりをするという行動が増加しているので強化、
すなわち正の強化。


02. 正の弱化(行動直後の嫌子出現による行動の弱化)
– Positive Punishment(+P)

行動の前に無かったものが、行動直後に出現し、その行動の自発頻度が減少する(↓)こと。

例02-a: 吠える
叱られていない(行動前の環境) → 吠える(行動) → 叱られている(嫌子の出現)→吠える行動が減少
叱られているという出来事が行動直後に出現しているので正、
吠えるという行動が減少しているので弱化、
すなわち正の弱化
(上記はよく行われる間違いの”しつけ”です。吠えている根本原因を解決していないので、現実は吠えるという行動は減少しません。
むしろ、正の弱化の副作用により、悪化する可能性が高いです。)


例02-b: 子供がおもちゃ売り場で泣き叫ぶ
お母さんは横にいる(行動前の環境) → おもちゃ売り場でおもちゃがほしいと泣き叫ぶ(行動) → お母さんが子供をたたく(嫌子の出現)→泣き叫ぶ行動が減少
たかかれているという出来事が行動直後に出現しているので正、
泣き叫ぶという行動が減少しているので弱化、
すなわち正の弱化
(その後、正の弱化の副作用により、この子供はぐれました…。)


例02-c: 戸棚の食べ物をあさる
食器は落ちてこない(行動前の環境) → 戸棚の食べ物をあさる(行動) → 戸棚から食器が落ちてくる(嫌子の出現)→戸棚の食べ物をあさる行動が減少
戸棚から食器が落ちてくるという出来事が行動直後に出現しているので正、
戸棚の食べ物をあさるという行動が減少しているので弱化、
すなわち正の弱化


03. 負の強化(行動直後の嫌子消失による行動の強化)
– Negative Reinforcement(-R)

行動の前に有ったものが、行動直後に消失し、その行動の自発頻度が増加する(↑)こと。

例03-a: 服従のポーズ
叱られている(行動前の環境) → お腹を見せる(行動)→ 叱られていない(嫌子の消失)→お腹を見せる行動が増加
叱られているという出来事が行動直後に消失しているので負、
お腹を見せるという行動が増加しているので強化、
すなわち負の強化。


例03-b: 吠える
嫌いな制服を着ている配達員がいる(行動前の環境) → 吠える(行動)→ 配達員がいなくなった(嫌子の消失)→吠えるという行動が増加
配達員という嫌いなものが行動直後に消失しているので負、
吠えるという行動が増加しているので強化、
すなわち負の強化。


04. 負の弱化(行動直後の好子消失による行動の弱化)
– Negative Punishment(-P)

行動の前に有ったものが、行動直後に消失し、その行動の自発頻度が減少する(↓)こと。

例04-a: 噛む
ボール投げをしてもらっている(行動前の環境) → 興奮して噛む(行動) → ボール投げをしてもらっていない(好子の消失)→噛む行動が減少
ボール投げをしてもらっているという出来事が行動の後に消失しているので負、
噛むという行動が減少しているので弱化、
すなわち負の弱化


例04-b: 子供がおもちゃ売り場で泣き叫ぶ
大好きなお母さんが横にいる(行動前の環境) → おもちゃ売り場でおもちゃがほしいと泣き叫ぶ(行動) → 大好きなお母さんがその場を離れる(好子の消失)→泣き叫ぶ行動が減少
大好きなお母さんが行動の後に消失しているので負、
泣き叫ぶという行動が減少しているので弱化、
すなわち負の弱化


カテゴリー: | ALL |, | ドッグトレーニング | パーマリンク