“流派”とリンク先言語


日本におけるノーズワークの"流派"


お花やお茶、人間のスポーツや犬のスポーツ、子供のしつけや犬のトレーニング、
どの”世界”にも”流派”やグループ等があります。
ノーズワークの世界も例外ではありません。
ノーズワークの理解を進めるためにも、先ずは現状を認識し、”流派”分けをしてリンクを作成しています。
お互いがお互いをリスペクトすれば”流派”があるのは有意義だと思います。
ノーズワーク発祥の国アメリカでも”流派”はあるみたいです。


以下に若干の違いがあるのでしょうか。
・ 理念や目的
・ トレーニング方法
・ 競技としてのルール


リンク先の言語


非常に残念ながら、ノーズワークに関しての情報量は、英語と日本語では圧倒的な差があります。
(犬情報全般に言えるかもしれませんが…。)
そして、内容が専門的になればなるほど、日本語での情報はなくなります。
そのため、英語のリンク先も多々あります。